Cloud(クラウド)の仕組みは漠然としていてわからないと言う声があります。しかし実際にはGoogleなどを使っておられる方も多く、知らないうちに使っている事実があります。社員の方々も何の意識もなくCloudが使えたら・・・。既存のシステムとは違って、どこでもいつでもInternetさえあれば利用できる環境を提供できるのです。ビジネスのスピードアップを顧客へのスピーディーなサービス提供も可能になるのです。


 
Cloud(クラウド)活用の準備はできていますか?

どんなに優れたシステムを導入しても、業務の整理ができていない所に利用しても返って使い勝手の悪い物に成ることは周知の事実です。にもかかわらず同じ間違いを犯す企業は後を絶ちません。できない理由を並べる事はできますが、どうしたら出切るかは検討されることが少ないと思います。新しい事をやるときに社員だけでできないのは当然です。そんな時経験が多いコンサルタントを活用してはどうでしょう。

 

Cloud(クラウド)はこれまでとは違った環境で企業のシステムを稼働させます。だからこそ、これまでの仕事のやり方や、仕事の道具も見直して、総合的に効果のでる方策を考える事が必要です。時代は変わりました。利用する環境やTOOLも見直しが必要だと言うことです。


 
Cloud(クラウド)の種類にはどんなものがあるのでしょう

Cloud(クラウド)と一口に言っても、いろんな形態があります。前述したGoogleもCloudを利用したサービス提供の形態です。また基幹システムをCloudで構築して世界中で使える仕組みを作る事もできます。さらにはCloudと基幹システムを別個に利用して連携させる仕組みも可能です。
 
現実には現在の基幹システムから、Cloudに適した業務を少しずつ効果を検討しながら移していくのが良いと考えます。Cloudで一番使われているのが営業支援系のシステムです。端末にはPCではなくiPadを使った仕組みも非常に多くなっています。


 
Cloud(クラウド)はどのように利用していけば良いでしょう?

Cloud(クラウド)の環境は、自前でも作る事ができますし、外部のベンダーの環境を利用する事もできます。Cloudの環境は、先端技術を使うため、自前で開発者やインフラ担当者を育成するには時間もコストもかかるのが一般です。IT企業でない限り先端技術を習得させるのが一般企業の目的ではないはずです。
 
新しい事に挑戦する場合は、他者(社)のパワーを借りるのが一番です。よく事例にでる中古車販売の最大手ガリバーでは、端末にiPadを導入し、CloudはAmazonのシステムを利用しています。日本のIT企業の多くもCloud環境を提供できる所が多く有ります。どこを活用するかも、利用方法を検討してから選定するべきでしょう。

ページの先頭へ